ムダ毛のお手入れをしなければと焦りそのたびに嫌になる季節

毎年ながらこの時季を迎えると、ムダ毛のお手入れをしなければと焦りそのたびに嫌になります。

そんなに面倒ならば、躊躇わずにエステに行って気になる箇所の脱毛を試してみたらいいのですが、余りにもお店があり過ぎて、どのお店に行けば良いか分からないし、それを見分けることも大変なので、つまりは何も変わっていないのです。

毛深すぎてお手上げ!という状態なら無理をしてでもサロンに行ったと思いますが、ありがたいことにわたくしはどっちかと言えばむだ毛はそれ程濃くないので脱毛処理はひたすら家でやっています。
家でできる無駄毛のお手入れ方法は、たくさんありますよね。かみそりや女性用電気シェーバー、除毛クリームに毛抜きなど・・・。

それが、どれも良し悪しで、簡単にできるとムダ毛がすぐ伸びてくるし、生えにくいものはすぐにできるわけではなく、漏れなく処理できるわけでもなかったり…。
だから、贅沢なことを言えば簡単に自宅でお手入れできて、加えて容易には無駄毛が伸びない方法が何より良いと思っているのです。

こんな全て揃った方法は見つからず、今日も無駄毛のお手入れを頑張ります。

場所によって痛みが違うムダ毛処理

無駄毛処理をしていると場所によって痛さが違うと思いませんか?

自分はそれが以前からとっても気になっていました。どうしてかと言うとむだ毛はむだ毛なのに場所ごとで抜くときに痛みが違うのです。

これってなんでだろうととても疑問に思っています。

例えば脇毛を抜くときは思ったより痛くはありません。脇のところは抜くのに慣れているせいか「痛っ」と思ったとしてもそんなにズキズキとした痛みを感じることはありません。
けれども箇所を変えて抜くとどうなるでしょうか?

脇毛じゃなくスネやビキニラインのむだ毛を抜こうとするとかなりの痛みが走りますよね。
この痛みの場合我慢することができない女性もいると思います。
この痛みの違いってなぜ起こるのだろうかと以前からとても気になっていました。
どんな理由で痛みの感覚が敏感なところと感覚が鈍い場所があるのでしょうか?

それは単純に抜くのに慣れてしまっているか慣れていないかの違いだけでしょうか?
はたまた別の理由が隠れているのでしょうか?

脇毛よりも膝下やVラインのムダ毛を抜く方が痛い原因を知りたいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ